車内設備・デザイン

車内設備

prize:2010年度 グッドデザイン賞受賞 2011年度 ブルーリボン賞受賞 Produced and Designed by:山本寛斎

社内デザインは「凛」がコンセプト。無駄をそぎ落とした、機能的で清涼な美しさと人へのこまやかな気配りのある空間を目指しました。

解放感ある客室
明るくて清潔感ある間接照明と、高いドーム型天井で解放感と適度な落ち着き感のある客室内。40分前後のご乗車時間が物足りなく感じられるかもしれません。

広がりのあるデッキ
客室とデッキの仕切りには透明感・清涼感あるガラス素材を活用し、明るく広がりのある車内としています。床の模様は日本の伝統柄「市松模様」をアレンジして波を表現しました。

くつろぎのシート
人間工学に基づいたシート形状とシートピッチ1,050mm、座席幅470mmのゆったりとしたスペースを確保。全席の脚台にACコンセントを設置、パソコン等の使用が可能です。
無線LANサービス有 [詳細]

荷物スペース
客室とデッキ部の間には大型荷物用のスペースを用意。防犯カメラも設置し、セキュリティの向上を図りました。

洗面所
洗面ボウルはカウンターと一体成形とし、足元の空間を広くとることで、車いすでのご利用に対応しています。

多機能トイレ
多機能トイレは、ベビーベッド・ベビーキープを設置。小さなお子様連れのお客様も安心してご利用いただけます。オストメイト対応のパウチ洗浄用水栓も設置しています。

社内案内図

車体デザイン

車体デザインのコンセプトは「風」。日暮里駅から空港第2ビル駅まで36分という最速の運び手のスピード感を表現しています。

「風」をコンセプトに疾走感を表現したスカイライナーのデザインは、デザイナー/プロデューサーの山本寛斎氏によるものです。

車両は日本の伝統色である藍色をメタリックにアレンジした「ウインドブルー」と、白の中の白「ストリームホワイト」による塗り分けです。

スカイライナーは在来線としては国内最速の時速160kmで走行します。車体先端部のシャープなエッジや側面のラインがスピード感をさらに高めます。

山本寛斎氏によるロゴマークも「風」を表現。
毛筆により頭文字をデザイン化し、スピード感を表現しました。

都心〜成田空港36分は、最高時速160kmのスカイライナーと新ルート成田スカイアクセスの開業により実現されました。

サービスコーナーがある4号車には、流れを途切れさせることがない「風」としての軽快さを表現する丸窓を採用し、アクセントとしています。