いろんな笑顔を結びたい 京成電鉄

いろんな笑顔を結びたい 京成電鉄

JOY!京成

AE形:在来線最速で走る3代目京成スカイライナー

  • AE形:日本最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:日本最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:日本最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:日本最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:日本最速で走る3代目スカイライナー

 2010年の成田スカイアクセスの開業に合わせて登場しました。3代目京成スカイライナーとして新幹線を除く列車では日本最速の時速160kmで走り、都心と成田空港を36分で結びます。
 車両のデザインは、世界的に著名なファッションデザイナー・プロデューサーの山本寛斎氏によるもので、外装のデザインコンセプトは “風”で颯爽と走るイメージを、内装のデザインコンセプトは“凛”で市松模様や白・藍染の色を使用して和を意識しています。
 サービスの面では、各車両に防犯カメラを備え、キャリーケース等も置ける荷物置き場やゆとりあるシートピッチ、車椅子スペース・多機能トイレ等も備えて様々なお客様にご利用いただけるようにしています。
 空港輸送の原点に回帰する意味を込めて初代京成スカイライナーと同じ「AE形」と名付けられた3代目京成スカイライナー。“Airport Express”として、当社のフラッグシップトレインとして、これからも空の旅への期待と興奮を乗せて走ります。

登場 2010年~
編成 8両
営業運転
最高速度
時速160km
受賞歴 ・2010年度グッドデザイン賞受賞
・2011年ブルーリボン賞受賞

3000形7次車(3050形):成田スカイアクセスの開業と共に登場した通勤型車両

  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両
  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両
  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両
  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両
  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両
  • 3000形7次車(3050形):成田スカイアクセス線の開業と共に登場した通勤型車両

 2010年の成田スカイアクセスの開業に合わせて製造しました。成田スカイアクセスを走る車両である事がわかるよう、ボディカラーは空をイメージさせる青色にしたほか、車体と座席シートには航空機の模様と航跡が描かれています。
 車内の案内表示は15インチLCDを設置し、日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語による自動放送を導入しています。

登場 2010年~
編成 8両
営業運転
最高速度
時速120km

3000形:京成グループの標準型車両

  • AE形:在来線最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:在来線最速で走る3代目スカイライナー
  • AE形:在来線最速で走る3代目スカイライナー

 2003年に登場し、通勤型車両の主力として活躍。京成グループの標準型車両として新京成電鉄(N800形)・北総鉄道(7500形)・千葉ニュータウン鉄道(9200形)の車両の設計ベースともなっています。
 3700形を設計のベースとしつつ、時代のニーズに応える車両をコンセプトとしました。前面中央には大型の行先、種別表示器を搭載しています。また、貫通扉を車掌側に寄せ、運転室ガラスを左右方向に拡大しています。バリアフリー対応として車椅子スペースを先頭車に設けているほか、優先席部の荷棚・つり革は一般部よりも低く設置しています。その他、製造時期によって機能を強化させておりサービスレベルの向上と省エネルギー化を図っています。

登場 2003年~
編成 6両・8両
営業運転
最高速度
時速120km

3700形:京成電鉄初のVVVF制御装置搭載の通勤型車両

  • 3700形:京成電鉄初のVVVF制御装置搭載の通勤型車両
  • 3700形:京成電鉄初のVVVF制御装置搭載の通勤型車両
  • 3700形:京成電鉄初のVVVF制御装置搭載の通勤型車両

 北総鉄道(京成高砂~新鎌ヶ谷)の開業に合わせて登場した通勤型車両です。主要機器はAE100形(2代目京成スカイライナー)と共通であるほか、1991年~2002年までの11年間に渡って製造されており、4次車以降は車号が3800番台となっています。6次車からは前照灯が正面から窓上に変更されるなど外観の変化もあり、製造時期によってマイナーチェンジが行われています。

登場 1991年~
編成 6両・8両
営業運転
最高速度
時速120km

3600形:京成電鉄初のオールステンレス車両

  • 3600形:京成電鉄初のオールステンレス車両
  • 3600形:京成電鉄初のオールステンレス車両
  • 3600形:京成電鉄初のオールステンレス車両
  • 3600形:京成電鉄初のオールステンレス車両

 京成電鉄初のオールステンレス車両です。通勤型車両としては京成電鉄初となるT字型ワンハンドルマスコンや回生ブレーキ付界磁チョッパを採用した制御方式など、初代AE形との共通点が多く、製造当時の先端技術を採用しています。改造工事により、VVVF制御装置を搭載した4両編成も活躍しています。

登場 1982年~
編成 4両・8両
営業運転
最高速度
時速105km

3500形(更新車):通勤車両として京成電鉄初の冷房車両

  • 3500形(更新車):通勤車両として京成電鉄初の冷房車両
  • 3500形(更新車):通勤車両として京成電鉄初の冷房車両
  • 3500形(更新車):通勤車両として京成電鉄初の冷房車両
  • 3500形(更新車):通勤車両として京成電鉄初の冷房車両

 3500形は1972年から登場した京成電鉄初の冷房車両であり、鋼製フレームにステンレス外板を取り付けたセミステンレス製の車両です。1996年から車体を改修しており、外観上はスカートの装備やフロントガラスや黒塗り部分の拡大などを行い、車内設備も冷房装置の更新や車椅子スペースの設置などを行っています。

登場 1996年~(更新車)
編成 4両(6両・8両に併合可能)
営業運転
最高速度
時速105km

3400形:初代京成スカイライナーの走行装置を活用した車両

  • 3400形:初代スカイライナーの走行装置を活用した車両
  • 3400形:初代スカイライナーの走行装置を活用した車両
  • 3400形:初代スカイライナーの走行装置を活用した車両
  • 3400形:初代スカイライナーの走行装置を活用した車両

 AE100形(2代目京成スカイライナー)の導入により、使用されなくなったAE形(初代京成スカイライナー)の台車などを再利用した通勤型車両です。製造当時の主力車両であった3700形をベースとした設計ですが、車体は鋼製で、ベースカラーが青みがかかったライトグレーとなっているのが外観上の特徴です。

登場 1993年~
編成 8両
営業運転
最高速度
時速105km

AE100形:成田空港直下への乗り入れに合わせた2代目京成スカイライナー

  • AE100形:成田空港直下への乗り入れに合わせた2代目スカイライナー
  • AE100形:成田空港直下への乗り入れに合わせた2代目スカイライナー
  • AE100形:成田空港直下への乗り入れに合わせた2代目スカイライナー
  • AE100形:成田空港直下への乗り入れに合わせた2代目スカイライナー

 1991年の成田空港ターミナルビル乗り入れ(現・成田空港駅)に備えて製造された2代目京成スカイライナーとなった車両です。外観は空気抵抗の少ない流線形上のボディに、初代AE形のカラーコンセプトをベースとして「鳥の翼」をアレンジしたカラーリングとなっています。また、都営地下鉄線や京浜急行線への乗り入れも可能となるように車体前面に貫通扉が備えられたのも特徴です。
 1998年11月のダイヤ改正以降は、京成本線を経由して日暮里から空港第2ビル駅まで最速51分で運行していました。2010年7月の成田スカイアクセス開業後は「シティライナー」として京成本線を走行していましたが、2016年2月をもって全車両が引退しました。

登場 1990年~2016年
営業運転
最高速度
時速110km

AE形(初代):日本初の空港特急となった初代京成スカイライナー

  • AE形(初代):日本初の空港特急となった初代スカイライナー
  • AE形(初代):日本初の空港特急となった初代スカイライナー
  • AE形(初代):日本初の空港特急となった初代スカイライナー
  • AE形(初代):日本初の空港特急となった初代スカイライナー

 成田空港線開業に備えて製造された日本初の空港特急車です。形式の“AE”は“Airport Express”の頭文字、“スカイライナー”という名前は全国からのアンケートによって決定しました。
 1978年の成田空港の開港に先駆けて、1973年12月から京成上野~京成成田で運行を開始、1974年に第11回ブルーリボン賞を受賞しました。登場時はマルーンとクリームの2色塗り、1983年からは塗装を塗り替えてイメージアップを図りました。1990年の2代目京成スカイライナー(AE100形)の導入に伴い、1993年までに全て引退しました。

登場 1973年~1993年
営業運転
最高速度
時速105km
受賞歴 1974年ブルーリボン賞

3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両

  • 3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両
  • 3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両
  • 3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両
  • 3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両
  • 3000形(初代):日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両

 都営地下鉄1号線(浅草線)に日本初の地下鉄相互乗り入れ用車両として1959年に登場しました。登場時は上下がダークグリーン、窓周りがライトグリーンの「青電」の色でしたが、1960年にオレンジとクリームの色に塗り替えて「赤電」の愛称で親しまれました。

登場 1959年~1991年
営業運転
最高速度
時速105km

200形:青砥~日暮里間開通時の新製車両

  • 200形:青砥~日暮里間開通時の新製車両
  • 200形:青砥~日暮里間開通時の新製車両
  • 200形:青砥~日暮里間開通時の新製車両

 1931年に青砥~日暮里間の開通に備えて登場しました。上下がダークグリーン、窓周りがライトグリーンに塗り替えられてからは「青電」と称されました。1976年から1978年にかけて新京成電鉄に籍を移し、その後は1990年まで活躍しました。

登場 1931年~1978年
営業運転
最高速度
時速100km
TOP
SP版
Copyright © Keisei Electric Railway Co.,Ltd.All Rights Reserved.
PC版
Copyright © Keisei Electric Railway Co.,Ltd.All Rights Reserved.