ごあいさつ

代表取締役社長

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 京成グループを取り巻く事業環境は、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の停滞等により、厳しい状況が続くものと予想されます。

 2020年度は困難な状況でのスタートとなりましたが、当社グループは、中期経営計画「E4プラン」(2019年度~2021年度)を着実に推進して参ります。事業の中核である運輸業では「安全・安心の確保」に全力を尽くし、地域の発展を支える公共交通機関としての使命を果たすとともに、沿線に密着した堅実な総合生活産業を展開して参ります。

 また、収益賃貸物件の開発・取得など、中長期的な収益拡大に資する投資を継続し、企業価値の向上に取り組むとともに、2021年度に最終年度を迎える長期経営計画「Eプラン」の先を見据え、成田空港の中長期的な利用者増加に対応した輸送力増強など、持続的な成長を目指し、新たな成長ビジョンを確立して参ります。

 当社グループは、グループ経営理念に基づき、「安全・安心」を第一に行動し、お客様に喜ばれる商品・サービスを提供することで、健全な事業成長のもと、地域社会の発展に貢献して参ります。また、昨今求められている企業の社会的責任を念頭に、当社に関わる全ての人々から愛され選ばれる企業を目指して参ります。

これからも京成グループに、是非、ご期待ください。

代表取締役社長 小林敏也