経営計画

京成グループの経営計画体系

長期経営計画「EVOLUTION PLAN」

グループ事業の中核である交通運輸事業の競争力・収益力をさらに強化すると共に、千葉県北西部(特に京成線・新京成線・北総線沿線)並びに東京都東部を地盤として地域に密着した堅実な総合生活産業を展開し、地域経済を代表する企業グループの地位を拡充する。

長期経営計画「EVOLUTION PLAN」(Eプラン)〔2010年度〜2021年度12ヵ年〕

EVOLUTION PLAN数値目標 2021年度(2022年3月期)連結

※1 有利子負債残高はリース債務を含む
※2 EBITDA倍率=有利子負債残高 ÷(営業利益+減価償却費)

中期経営計画[E4プラン](2019年度〜2021年度)

E4プランの位置付け

1.基本方針

・ グループ経営強化による収益拡大の確実な実現

・ 安全かつ安心なサービスの提供

・ 社会的要請に対応した経営推進体制の確立

2.基本戦略

(1) 地域社会との共生による京成グループのプレゼンス強化
沿線自治体等と連携し、エリアごとの実態に即した地域活性化施策に取り組むとともに、住民の生活に密接に関係する事業の充実を図るなど、沿線地域の持続的発展に資する投資を推進することにより、総合生活産業としてのプレゼンスを強化する。

(2) グループ経営体制の充実並びにコーポレート・ガバナンスの強化
多様化する社会的要請に対応するため、グループ全体で経営推進体制の最適化に取り組むとともに、働き方改革への対応やコンプライアンス意識の浸透を図り、健全な事業成長を支える経営基盤を構築する。

(3) インバウンド市場の深耕
増加が期待されるインバウンド需要に対し、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催およびその先を見据え、グループ一体となって営業施策や情報発信を積極的に展開するとともに、サービスレベルの向上など受入体制の整備に取り組む。

(4) 既存事業の強化による収益拡大
戦略投資枠を活用し、収益賃貸物件を開発・取得するほか、M&Aや外部パートナーとの提携を通じて、事業領域及びエリアの拡大を図る。また、宿泊主体型ホテル事業における新規出店を加速する。

(5) 安全・安心の確保並びにサービス品質の向上
安全・安心の継続を大前提とし、鉄道事業の更なる安全性・信頼性向上に向けた施策を推進するとともに、グループ全体で安全且つ満足度の高いサービス提供を追求する。

(6) 新たな成長ビジョンの確立
「ポストEプラン」だけでなく、更にその先を見据えた持続的な成長を目指し、輸送力増強の検討を深度化するほか、最適な事業構成や人員配置、組織体制の検討を継続する。

E4プラン数値目標
  • 営業収益
    2,900億円以上
  • 営業利益
    330億円以上
  • 営業利益率
    11.3%以上
  • 有利子負債残高(※1)
    上限3,200億円
  • EBITDA倍率(※2)
    上限5.1倍

※1 有利子負債残高はリース債務を含む
※2 EBITDA倍率=有利子負債残高 ÷(営業利益+減価償却費)

中期経営計画資料(PDF:2.0MB)