沿革

 
明治42年7月
京成電気軌道株式会社設立(資本金150万円、明治42年6月創立総会)
大正元年11月
押上~江戸川間、曲金(現京成高砂)~柴又間開通
大正2年10月
柴又~金町間開通
大正3年8月
江戸川~市川新田(現市川真間)間開通
大正4年11月
市川新田~中山間開通
大正5年12月
中山~船橋間開通
大正10年7月
船橋~千葉(現千葉中央)間開通
大正15年12月
津田沼~成田花咲町(仮駅)間開通
昭和5年4月
成田花咲町(仮駅)~成田間開通(成田花咲町廃止)
昭和6年12月
日暮里~青砥間開通
昭和7年7月
乗合自動車事業の営業開始
昭和8年11月
不動産業の営業開始
昭和8年12月
日暮里~上野公園(現京成上野)間開通
昭和13年4月
帝都タクシー株式会社設立(現帝都自動車交通株式会社)
昭和20年6月
商号を京成電鉄株式会社に変更
昭和24年5月
東京証券取引所上場
昭和26年5月
京成建設工業株式会社設立(昭和31年9月京成建設株式会社に商号変更)
昭和35年4月
京成ストア第1号店として常盤平店開店
昭和35年7月
株式会社オリエンタルランド設立
昭和35年12月
都営地下鉄線に直通乗り入れ運転開始(押上~浅草橋間)
昭和36年8月
千葉京成ホテル開業
昭和42年11月
押上新本社屋完成
昭和43年6月
三者(京成、都営地下鉄、京浜急行)相互直通乗り入れ開始
昭和46年5月
株式会社志満津百貨店が当社傘下となり株式会社京成志満津に商号変更(昭和50年4月株式会社水戸京成百貨店に商号変更)
昭和47年5月
北総開発鉄道株式会社設立(平成16年7月北総鉄道株式会社に商号変更)
昭和48年12月
特急「スカイライナー」を京成上野~京成成田間で運転開始
昭和49年9月
水戸京成ホテル開業
昭和53年5月
京成成田~成田空港(現東成田)間開通、空港特急「スカイライナー」運転開始
昭和54年3月
北総開発鉄道線(現北総線)北初富~小室間開通(平成4年7月北初富〜新鎌ケ谷間廃止)
昭和58年4月
東京ディズニーランド開園
昭和59年3月
住宅・都市整備公団線(現北総線)小室~千葉ニュータウン中央間開通
昭和60年8月
青砥~京成高砂間複々線開通
平成2年6月
スカイライナー(AE100系)の営業運転を開始
平成3年3月
成田空港ターミナルに直接乗入れによる営業開始(成田市駒井野分岐点~成田空港間開通)
北総・公団線(現北総線)京成高砂~新鎌ヶ谷間開通
成田空港ターミナルへ直通乗入れ運転開始
平成4年4月
千葉急行線(現千原線)千葉中央~大森台間開通
平成5年10月
「公津の杜」第一期戸建分譲開始
平成7年4月
千葉急行線(現千原線)大森台~ちはら台間開通
北総・公団線(現北総線)千葉ニュータウン中央~印西牧の原間開通
平成10年10月
千葉急行電鉄株式会社解散に伴い千葉急行線(現千原線、千葉中央~ちはら台間)の営業譲受
平成11年10月
BMK(ベストマナー向上)推進運動を開始
平成12年7月
北総・公団線(現北総線)印西牧の原~印旛日本医大間開通
平成14年9月
千葉中央駅東口複合施設「ミラマーレ」開業
平成15年10月
京成バス株式会社にバス事業を営業譲渡
平成16年7月
千葉ニュータウン鉄道株式会社が都市基盤整備公団より鉄道施設を取得
平成18年3月
京成百貨店(水戸)新店舗移転開業
平成18年12月
新京成電鉄線が千葉線に直通乗入れ運転開始
平成21年6月
京成電鉄創立100周年
平成22年7月
成田スカイアクセス開業、新型スカイライナー(AE型)運転開始
平成25年9月
本社を八幡に移転