ごあいさつ

代表取締役社長

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 京成グループを取り巻く環境は、訪日外国人や国内を含めたLCC利用者の増加等により、成田空港関連輸送が好調に推移しております。また、当社グループにとって大きなビジネスチャンスとなる2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、今後も成田空港利用者の増加が継続するものと予想しております。

 このような状況の中、今期は中期経営計画「E3プラン」(2016年度~2018年度)の最終年度として、好調な運輸業をはじめとしたグループの各事業でインバウンド需要を取り込めるよう、海外現地における営業諸施策及び情報発信を強化して参ります。

 さらに、中長期的な収益拡大及びサービス・安全性の向上に資する投資を対象として設定した戦略投資枠を有効に活用し、収益賃貸物件の開発・取得、宿泊主体型ホテル事業の推進など、成長戦略の柱となる分野へ資本を投下していくことで企業価値を高めて参ります。

 また、今期は長期経営計画「Eプラン」の最終段階となる中期経営計画「E4プラン」を策定する年となります。「ポストEプラン」を見据え、長期的な視点で成長に向けた準備を進めて参ります。

 京成グループは、グループ経営理念に基づき、「安全・安心」を第一に行動し、お客様に喜ばれる商品・サービスを提供することで、健全な事業成長のもと、地域社会の発展に貢献していきます。また、昨今求められている企業の社会的責任を念頭に、当社に関わる全ての人々から愛され選ばれる企業を目指して参ります。

これからも京成グループに、是非、ご期待ください。

代表取締役社長 小林敏也