4. 京成グループの強み

大きなポテンシャルを持つ成田空港輸送

定時性・速達性に優れた鉄道ネットワーク
成田空港へのアクセスルートとして、京成本線に加えて、都心と成田空港を結ぶ新たなアクセスルート「成田スカイアクセス」が開業しました。
京成電鉄が運行するスカイライナーは、在来線で最速となる時速160kmで走行し、日暮里から成田空港間(空港第2ビル)を最速36分で結んでいます。これにより、世界の主要空港と比べても遜色のない空港アクセスを実現しました。
このほか、新橋・日本橋・押上方面から成田空港を成田スカイアクセス線経由で結ぶアクセス特急、そして、船橋など従来の京成本線経由で結ぶ特急を運行しております。
成田空港輸送における鉄道事業の競争力・優位性は、スカイライナーに代表される速達性と、成田スカイアクセス線と京成本線経由の2ルート運行による運行頻度にあります。

京成シャトルバス

首都圏を広範囲にカバーする高速バスネットワーク
バス事業では、京成バスを中核として、成田空港と首都圏近郊を中心に各地方の中核都市にも路線を展開しています。
中でも、京成バスをはじめとする京成グループのバス会社4社では、東京駅と成田空港の間を結ぶ高速バス「東京シャトル」の運行を開始しました。「東京シャトル」は低価格な料金に加え、成田空港の早朝や深夜時間帯の航空機発着に対応した輸送サービスを展開し、成田空港利用のお客様の利便性を高めています。

詳しくはこちらもご覧ください